どんな車両が特殊車両になるのか

特殊車両としての分類

特殊車両とは?

 道路を通行する車には、車幅・長さ・高さ・重さなどに一般的な制限(保安基準)が設けられています。これは「一般的制限値」といいます。

 特殊車両は大きくは二つに分類されていて、車両の構造が特殊ある車両、または輸送する貨物が特殊な車両で、車幅・長さ・高さ・重さのいずれかが一般的制限値を超えているか、橋・高架の道路・トンネル等で車両の総重量または高さのいずれかがその道路の制限値を超えている車両のことをいいます。

 特殊車両が道路を通行するためには、特殊車両通行許可を申請(特車申請)して、通行する道路の管理者から許可を受けなければいけないことになっています。(道路法47条の2)

一般的制限値とは?

保安基準に定められた一般的制限値は下記のようになっています。

 

車両総重量:20t(重さ指定道路では25t)

※車両総重量=車両の自重+積載物の重量+乗員2名(1名/55kg)

「荷物を積載して運行する状態」を一般的制限値の基準としているため、トラクタ・トレーラのように連結しないと荷物を積めないような状態(トラクタ単体、トレーラ単体)では一般的制限値を超える・超えないの判断はできません。

 

(※車両そのものが一般的制限値を超える車両は除く)

車両の構造が特殊なもの

 車両の構造が特殊であるために一般的制限値のいずれかを超える車両で、トラッククレーンなどの自走式建設機械、トレーラ連結車の特例5車種(バン型、タンク型、幌枠型、コンテナ用、自動車運搬用)のほか、あおり型、スタンション型、船底型の追加3車種をいいます。

貨物が特殊なもの

 積載する貨物の分割が不可能であり、それらを積載することで一般的制限値のいずれかを超える建設機械(重機)、大型発電機、電車の車両本体、電柱などの貨物をいいます。

まずはお気軽にお問合せください!

お気軽にお電話ください

お電話でのお問合せはこちら

049-293-1051

 特車申請代行PRO(生駒行政書士事務所)のホームページにお越しいただきましてありがとうございます。お問合せ・ご相談は、お電話またはメールにて受け付けております。折り返しのご連絡は、原則として24時間以内にさせていただいております。

よくある質問

  • 申請をお願いするのに費用はいくらかかるの?
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・
  • 問い合わせから申請までの流れについて聞きたい

 

受付時間:8:00~21:00(メールでのお問合せは24時間受付ております)
定休日:年中無休

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

049-293-1051

親切・丁寧な対応を心がけております。お気軽にお電話ください。
 

お客さまの声

迅速・丁寧な対応に感謝

東京都練馬区 Y.T.P 様
とにかく急ぎで、公共工事資材の現場搬入を行うのに特車の許可が必要でした。私たちは特殊車両通行許可という制度について全く知識がありませんでしたが、相談するとすぐに対応いただけました。必要な書類を2,3用意するだけで、ほとんど丸投げのようでした。手間なく許可も無事に取れました。

任せて安心!

埼玉県飯能市 (有)KITc
近年、特車許可の取り締まりが厳しくなってきていると聞いていて、違反するとETCの割引サービスに影響が出るので、今回主要車両25台、青森~四国までで45経路の特車申請をお願いしました。当初は自社で行うことも検討しましたが、素人が一から調べて行うには時間がかかりすぎるとの結論から、専門家に依頼しました。結果、さすがプロといった仕事をしてくれました。自社で行うことはほとんどなく、本業に専念しながらあとは待つだけで許可が取れました。

代表プロフィール

代表行政書士 生駒一彦

親切・丁寧な対応が私のモットーです。ぜひ、お気軽にご相談ください。

特車申請代行PRO
  (生駒行政書士事務所)

049-293-1051
住所

〒354-0012
埼玉県富士見市貝塚2-20-4
サンリッチ貝塚101号室