特殊車両通行許可の制度

特殊車両通行許可とは?

特殊車両通行許可の制度

 道路を走る車には様々な長さ・高さ・幅・重さがあります。

 ごく普通の家庭にあるような乗用車であれば、一般道路を通行することに問題はありませんが、橋を作るための鉄骨を運ぶようなトラックや、建設現場などで目にするような自走式のクレーン車などは、とても大きく、そして重い車両です。

 これらの車両の大きさや重さに、道路通行上の制限がなかったとしたらどうなるでしょうか?

道幅の狭い道路に大きな車両が通行すれば、他の車の通行の妨げとなり、また、重量のある車両の往来が頻繁にあると道路を壊してしまうこともあります。 そのため車両には、一般的な道路を通行するための幅や重さに制限が設けられています。制限値を超える車両は特殊車両と呼ばれます。

 道路は私たちの税金で作られている、みんなの財産です。それを一部の車両のために、道路が壊されたり、通行の妨げにならないよう、道路の制限値を超える車両については通行を禁止し、それら特殊車両を通行させるためには、道路管理者の許可を受けなければならないようにしています。

 これが特殊車両通行許可制度の概要になります。

 特殊車両通行許可を申請するためには知っておかなければならない法律等があります。特殊車両通行許可制度の細かい内容について「道路法」と、車両の制限値について「車両制限令」の知識が必要となります。

特殊車両通行許可を受けた車両は、どこでも走行して良いわけではなく、特殊車両通行許可申請に特定した経路のみを走行することができます。許可が必要な道路は、経路に公道が含まれる場合です。私道のみを走行する経路の場合には、特殊車両通行許可申請を行う必要はありません。

 特殊車両の通行許可を受けずに一般的制限値を超える特殊な車両を通行させた場合は、30万円以下の罰金が科せられます。

まずはお気軽にお問合せください!

お気軽にお電話ください

お電話でのお問合せはこちら

049-293-1051

 特車申請代行PRO(生駒行政書士事務所)のホームページにお越しいただきましてありがとうございます。お問合せ・ご相談は、お電話またはメールにて受け付けております。折り返しのご連絡は、原則として24時間以内にさせていただいております。

よくある質問

  • 申請をお願いするのに費用はいくらかかるの?
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・
  • 問い合わせから申請までの流れについて聞きたい

 

受付時間:8:00~21:00(メールでのお問合せは24時間受付ております)
定休日:年中無休

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

049-293-1051

親切・丁寧な対応を心がけております。お気軽にお電話ください。
 

お客さまの声

迅速・丁寧な対応に感謝

東京都練馬区 Y.T.P 様
とにかく急ぎで、公共工事資材の現場搬入を行うのに特車の許可が必要でした。私たちは特殊車両通行許可という制度について全く知識がありませんでしたが、相談するとすぐに対応いただけました。必要な書類を2,3用意するだけで、ほとんど丸投げのようでした。手間なく許可も無事に取れました。

任せて安心!

埼玉県飯能市 (有)KITc
近年、特車許可の取り締まりが厳しくなってきていると聞いていて、違反するとETCの割引サービスに影響が出るので、今回主要車両25台、青森~四国までで45経路の特車申請をお願いしました。当初は自社で行うことも検討しましたが、素人が一から調べて行うには時間がかかりすぎるとの結論から、専門家に依頼しました。結果、さすがプロといった仕事をしてくれました。自社で行うことはほとんどなく、本業に専念しながらあとは待つだけで許可が取れました。

代表プロフィール

代表行政書士 生駒一彦

親切・丁寧な対応が私のモットーです。ぜひ、お気軽にご相談ください。

特車申請代行PRO
  (生駒行政書士事務所)

049-293-1051
住所

〒354-0012
埼玉県富士見市貝塚2-20-4
サンリッチ貝塚101号室