ETC2.0車載器を搭載した特殊車両の通行許可

特車ゴールド制度とは?

 特車ゴールド制度とは、業務支援型ETC2.0を装着した車両が、事前に車両情報や車載器に関する情報を特車申請システムから登録することで、大型車誘導区間内の経路選択が、原則自由になる特殊車両通行許可制度の中にある特例制度ことで、平成28年1月から実施されています。 

 特殊車両通行許可は、一般的制限値を超える車両について、その車両の諸元と通行する全ての経路一本一本をあらかじめ申請して通行の許可を得ることが原則です。特車ゴールド制度を利用すると、大型車誘導区間を走行する場合は経路の選択が可能となります。つまり、大型車誘導区間内であれば、渋滞回避や通行止め路線を回避して走行することができます。

特車ゴールド制度を受けるには、ETC2.0車載器が必要です

 特車ゴールド制度を利用して特車申請をするには、車両に装着するETC車載器は何でも良いわけではなく、ETC2.0に対応した車載器を装着しなければいけません。

 このETC2.0車載器とは、GPS機能とスピーカーを内蔵した独立型の車載器であって、ナビゲーション連動型のETC2.0車載器や、GPS付きではあるが一般型車載器である場合は、特車ゴールド制度を利用することはできません。

 自社の車載器が対応しているかどうかわからないといった場合はメーカーに一度お問合せすることをおすすめします。

特車ゴールド制度を利用して特車申請をする際の注意点

 特殊車両通行許可申請において、申請する車種が同一、積載する貨物自動車運送事業が同一、通行する経路が同一などの場合、台数をまとめて申請する包括申請を行うことができます。しかし、特車ゴールド制度を利用した特車申請では、トラクターが複数台となる包括申請を行うことができません。理由は、ETC2.0の車載器1台につき、トラクター1台しか登録することができないからです。ただし、トラクター1台につきトレーラーを複数台をまとめて申請することは可能です。

ヘッドが1台に対し、シャーシが何台あってもOK!

現状「1つの申請」で複数台のヘッドと、その組合せからなるシャーシの申請行うことはできません。
(包括申請を行うことができません)

まずはお気軽にお問合せください!

お気軽にお電話ください

お電話でのお問合せはこちら

049-293-1051

 特車申請代行PRO(生駒行政書士事務所)のホームページにお越しいただきましてありがとうございます。お問合せ・ご相談は、お電話またはメールにて受け付けております。折り返しのご連絡は、原則として24時間以内にさせていただいております。

よくある質問

  • 申請をお願いするのに費用はいくらかかるの?
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・
  • 問い合わせから申請までの流れについて聞きたい

 

受付時間:8:00~21:00(メールでのお問合せは24時間受付ております)
定休日:年中無休

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

049-293-1051

親切・丁寧な対応を心がけております。お気軽にお電話ください。
 

お客さまの声

迅速・丁寧な対応に感謝

東京都練馬区 Y.T.P 様
とにかく急ぎで、公共工事資材の現場搬入を行うのに特車の許可が必要でした。私たちは特殊車両通行許可という制度について全く知識がありませんでしたが、相談するとすぐに対応いただけました。必要な書類を2,3用意するだけで、ほとんど丸投げのようでした。手間なく許可も無事に取れました。

任せて安心!

埼玉県飯能市 (有)KITc
近年、特車許可の取り締まりが厳しくなってきていると聞いていて、違反するとETCの割引サービスに影響が出るので、今回主要車両25台、青森~四国までで45経路の特車申請をお願いしました。当初は自社で行うことも検討しましたが、素人が一から調べて行うには時間がかかりすぎるとの結論から、専門家に依頼しました。結果、さすがプロといった仕事をしてくれました。自社で行うことはほとんどなく、本業に専念しながらあとは待つだけで許可が取れました。

代表プロフィール

代表行政書士 生駒一彦

親切・丁寧な対応が私のモットーです。ぜひ、お気軽にご相談ください。

特車申請代行PRO
  (生駒行政書士事務所)

049-293-1051
住所

〒354-0012
埼玉県富士見市貝塚2-20-4
サンリッチ貝塚101号室